自然でパッチリときれいな目元をゲット【本物の二重を手に入れる】

目のコンプレックスを解消

目元に触れる女性

理想に近づける為に

日本人には一重まぶたの人も決して少なくありませんが、本人にとっては大きなコンプレックスとなってしまうこともあります。一重から二重にする方法はいくつかありますが、その中でも高い効果が期待できるのが二重整形です。実際に外科的な手術を利用して二重を作る方法なので、様々な症例に対して対応する事が出来るだけでなく、その状態を維持しやすいと言うメリットも有ります。ただ二重整形と言っても決して一つではなく、大きくは埋没法と切開法に分ける事が出来るようになっています。埋没法は糸を埋め込む形で利用する手術方法で、手軽に行う事が出来る為、プチ整形として知られています。糸自体はまぶたの所で数か所留めているだけの状態なので、時間が経過する事でまぶたの状態が変わって行けば、再度やり直しは可能です。切開法の方はまぶたを切開する事で二重の癖を作るもので、腫れぼったいまぶた等の時にも高い効果が期待できる方法です。しかし切開した後は縫合する必要があるので、埋没法に比べると術後に腫れてしまうことも有りますが、ずっとその状態をキープしやすいと言うメリットも有ります。埋没法を利用するか切開法を利用するかは、実際に病院に行ってカウンセリングを受けた後に医師とどの方法でアプローチするか相談できます。一重の人が理想通りの二重を作る為には、まずは自分の目にとってはどの状態が最も適しているかを確認する事から始めます。その人の目の状態によって脂肪の付き方も違うので、二重の幅をどうするかと言うことだけで手術をしてしまうと時には違和感のある状態になってしまうからです。したがって、まずは自分の目に合っている状態を把握し、その状態にする為にはどうするべきか方法を模索する所につなげていきます。また、この際自分だけで全てを判断してしまうのではなく、美容整形の医師等プロの意見を聞く事も理想通りの二重を作るコツと言えます。実際に客観的な意見を出してもらうことによって、より自分にとってナチュラルな状態に近づける事が出来るからです。もちろん整形だけでなく、テープやのりを利用して自分の理想とする状態にする事も出来ますが、この場合は鏡を良く見ながら行うのがコツです。また自分でテープ等を利用する場合は、洗顔してしまうと一重の状態に戻ってしまう為、まぶたに癖を付ける為にも継続してテープなどを利用します。継続して使い続ける事によって、まぶたに徐々に癖が付いていき、次第にそれが自分自身の自然な二重の状態に変化して行く効果が期待できるからです。